双葉八町村に春を呼ぶ

東日本大震災により、2011年3月13日広野町で全町民が一時避難をし、2011年9月30日緊急時避難準備区域解除になりました。当時、除染作業時にあり帰還する町民も少なく、2015年4月にふたば未来学園高等学校が開校された段階では3割程度の帰還でした。そのような中で、町民の憩いの場であった二ツ沼総合公園での被災前の賑わいが見られなくなり、そんな広野町に賑わいを作るために、絆づくりを推進しながら、除染・廃炉業に関わる方達との共存共栄の関係を構築していきたい。そのためにも、パークフェスを起爆剤とした賑わいを作れたらとの思いに至りました。さらに、復興再生のために町民有志を集い首都圏の皆様とオガニックコットン畑・広野防災緑地を活用し、継続的な交流人口の拡大を図るため認定特定非営利活動法人環境リレーションズ研究所との協働によるPresent Tree inひろの都市公園の森づくり「人生の記念日に樹を植えよう」合言葉に森づくりを開始しました。また、地域資源を活用して広町の魅力が伝わる特産品の開発、生業(なりわい)作りを起こし、元気な広野町・町民による復興活動の実施を目指しNPO法人広野わいわいプロジェクトを設立致しました。

Home Page

取り組み内容

交流促進
賑わいづくり
仕事づくり

ボランティアの声

NEWS & blogs

「時の封〜ひろの2120」ワークショップ開催のお知らせ
「時の封〜ひろの2120」ワークショップ開催のお知らせ
2019年11月14日
拡大する 〜100年後へ、風の便りを広野町から送りませんか? 広野町の海辺から山々で採取した植物の断片を押し花、押し葉にし、ラミネートフィルムでその時々を封印。 2020年3月に向けて旧・広野幼稚園全体に飾り付け、震災から9年、10年目へと向かう「時のモニュメント」として、皆さんと作り上げ、お披露目いたします。 ※ライトアップも計画中です。 参加者募
「フェスティバル FUKUSHIMA!in 広野 浜通りで盆踊り」 及び「時の封 ~ひろの 2120」(第 1 回 WS)の開催中止について
2019年10月25日
広野町は震災から 8 年が経過し、帰還した住民と震災後の新たな居住者、震災復興を通じた交流 人口とでまちづくりが進んでおります。震災復興に取り組むべく設立した NPO 法人広野わいわいプロジェク トは、そうした、新しいまちづくりにコミュニケーションと交流の場を構築するため、アートによる大規模イベン トを通じた、地域の賑わい創出事業を企画し取り組んで参りました。 しかし、10
【開催中止のお知らせ】時の封〜ひろの2120(10月27日開催分)
【開催中止のお知らせ】時の封〜ひろの2120(10月27日開催分)
2019年10月22日
時の封、10月27日(日)の開催は、中止となりました。 この度の台風19号により浜通り市町村に大きな被害が出ており、その対応を優先すべく、関連イベントと共に中止といたします。 ご参加を予定いただきました皆さま、ご協力いただきました皆さま、申し訳ありません。 特定非営利法人広野わいわいプロジェクト

contact